メゾンのアンバサダー カルロス・アルカラスとのコラボレーションによるワードローブ・トランク「マル・ヴェスティエール」の新作を発表

posted

ルイ・ヴィトンは、2022年の全米オープン、そして2023年のウィンブルドンで優勝したメゾンのアンバサダー  カルロス・アルカラスとコラボレーションし、彼の想い出の品々や大切なスポーツ用品を収めるためにデザインされた唯一無二のオーダーメイドトランク「マル・ヴェスティエール」を製作しました。

ルイ・ヴィトンがおよそ170年近くにわたり培ってきたトランク作りのサヴォアフェール(匠の技)が息づく本製品は、フランスに構えるメゾンのアトリエで経験豊かな職人たちの手によって製作されたもの。厳選された木材を使用し、クラシックなモノグラム・キャンバスをまとっています。

1860年代からルイ・ヴィトンのトランクに使用されているものと同じタイプの真鍮製の留め具、クロージャー、そしてリベットを採用。トランクの外装には、カルロス・アルカラスのキャリアにインスパイアされた特徴的なロゴがハンドペイントで描かれています。

キルティングが施されたトランクの内部には、マイクロファイバーのライニングとヌメ革のハンドルがあしらわれた5つの引き出しが。一番大きな真ん中の引き出しの前面にはコットンのストラップが編み込まれ、ルイ・ヴィトンの伝説のトランク、「スクレテール・ランジュ(Secrétaire Linge)」を彷彿させます。

このトランクは、カルロス・アルカラスが2023年のウィンブルドンで優勝した際に着用していたナイキのTシャツとシューズ、バボラのラケットなど、彼の輝かしいキャリアを象徴する貴重な想い出の品々を収納できるようにパーソナライズされています。

その他に、ルイ・ヴィトンのメンズ クリエイティブ・ディレクター ファレル・ウィリアムスから贈られたブルーのバッグ「スピーディ P9」や、お気に入りの「LV x Nike AF1」といった、アルカラス選手の私物のルイ・ヴィトン アイテムのセレクションも。

また、テニスボール、「ホライゾン ライト・アップ イヤフォン」、「LVナノグラム・スピーカー」、ポーチ「ドップ・キット」や「ニース・ミニ」といった、ルイ・ヴィトンのアクセサリー・コレクション、さらにはニューヨーク(全米オープンの開催地)版とロンドン(ウィンブルドンの聖地)版の「ルイ・ヴィトン シティ・ガイド」も収められています。

「ルイ・ヴィトンの職人たちと共にこの『マル・ヴェスティエール』に取組んだことは、素晴らしい経験であり、大変光栄なことでした。完成したトランクには、僕にとっての素晴らしい想い出が沢山詰まっています。特にグランドスラム2大会で優勝した時のこと。そしてバッグ『スピーディ P9』やカスタムメイドの『LV x Nike AF1』など、私が普段から愛用しているお気に入りのルイ・ヴィトン製品も。このコラボレーションを通じてメゾンと一緒に製作したこの製品を、心から誇りに思います」とカルロス・アルカラスは語っています。

2024年1月より、この「マル・ヴェスティエール」はクラシックなモノグラム・キャンバスにベージュのマイクロファイバーをあしらった内装で発売予定。お客様が好みに合わせてパーソナライズすることも可能です。 

2023年9月より発売されているモノグラム・エクリプス キャンバスにブラックの内装を施したモデルと同様に、各トランクは受注生産にて承ります。

PHOTO: (C)LOUIS VUITTON

ルイ·ヴィトンについて

1854年の創業以来、ルイ·ヴィトンは、革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを常に最高級な品質で提供し続けています。現在もトラベルラゲージ、バッグ、アクセサリーなどの製品を通じて、クリエイティブでありながらエレガントで実用的である、創業者ルイ·ヴィトンが生み出した「旅の真髄(こころ)」の精神を忠実に受け継いでいます。ルイ·ヴィトンというストーリーを作り上げたのは「大胆さ」でした。伝統を重んじ、歴史の中で建築家、アーティスト、デザイナーに門戸を開き、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチ & ファインジュエリー、フレグランスなどの分野を開拓してきたのです。

これらの丁寧に製作された製品は、ルイ·ヴィトンがクラフツマンシップにいかにこだわりを持ってきたかという証となっています。

詳細は、ルイ·ヴィトン 公式サイト  https://www.louisvuitton.comをご覧ください。